読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬も手術も不要で三叉神経痛の痛みを克服する方法・体験談

美味しい空気・美味しいお水・美味しい食材の、自然豊かな長野で、三叉神経痛を乗り越える健康指導を受けてみませんか!                          歪みの正し方・健康を維持する食事・正しい運動法・病に対する心の有りよう、日常生活の基本など、高橋健康指導センターは健康を回復するノウハウを懇切丁寧に指導いたします。

センター代表 髙橋 純一 プロフィール

センター代表 髙橋 純一 プロフィール

1949年長野県生まれ。

f:id:kenkoshido:20150723154525j:plain

 結核(脊椎カリエス)を1年後に発症した母親から産まれたため、出生時の肌はカサカサの真っ黒で、産婆さんから「この子は育たないかも知れない」と告げられたとの事。

結果、虚弱体質で風邪引き、胃腸は弱く、様々な症状に苛まれながらも命を落とすことは無く成長する。

9歳のとき悪戯で木に登り2メートルの高さから落下し胸椎、頚椎を打撲、九死に一生を得る。しかし、その時の後遺症が後年苦しみの原因となる。

高校時代体力の無いのは精神力が弱いからだと、自分に言い聞かせて野球部に入部、怪我続きではあったが精神力でやり通す。

公務員時代21歳で野球(投手)の疲労から腰痛発症、精神的にも大人の世界に溶け込めず鬱病(自殺願望)も経験する。以後立直るが、坐骨神経痛、強い背中首痛に悩まされるが、「人生は精神力で生き抜くこと」を信条に強引な生き方をしてきた。

公務員を途中退職し、飲食業の世界に入り3店舗を経営したが、過酷な生活に体調は更に悪化し、薬漬けと医者通いの日々が続くが症状の改善はみられず、これらの症状は生涯付き合っていくものと諦めていた。

しかし、38歳で骨盤調整健康法の創始者「五味雅吉先生」に巡り合い「薬の不自然性を学び」そして1年間で腰痛から諸々の疾患が影を潜めてしまう。その後、五味雅吉先生に師事して骨盤調整健康法を学び、平成5年長野市に髙橋健康指導センターを開設する。

また、48歳のときマクロビオティックの創始者「桜沢如一先生」の弟子、ベルトランド大高秀春先生から「食養」を学び、更に健康体に変身、今は歳を重ねるごとに健康体に変わっていく自分を体験している。

不思議なことに、38歳から今日まで医師の診断を受けたことは皆無である。

 ・全国食養普及協会 理事長 上席指導講師  ・髙橋健康指導センター代表